出版

書籍を出版しました『IT投資は3年で回収できる』

画像

IT投資は建物や設備とは違って目に見えないためか、投資判断が難しい。しかし、「仕事が楽になる」「早くできる」「品質が向上する」「誰でも同じ仕事ができる」といったメリットがあることも事実。では、なぜ多くの経営者はIT投資は失敗すると考えているのか。
たとえば、「毎年IT予算を使っているが、どこが、どう変わったのか理解できない」、あるいは「企画書の段階ではもっともらしい効果が並べられているが、導入後の成果を説明されたことがない」といった嘆きだ。
では、これまでの失敗を成功に変えるにはどうするか。本書では、「効果を創る」「効果を測る」「ITを視る」といった観点から学び、IT投資を3年以内に回収した企業の事例や他社はどのような問題点を抱えているかといった具体例を紹介する。情報システムの現場で日々格闘している担当者はもとより、収益向上、企業価値向上に努力を続ける経営者にはぜひ読んでもらいたい一冊。
これまでの失敗を成功に変える!全社システムの刷新と業務改革で企業価値がグングン上がる。収益向上のヒントはここにある。

購入する