論説

11. 会社のクセは直せるか?

予実差異は、「結果系」予実管理と「活動系」計画結果管理が、まったく別系統で運用されていることが原因で生じる。予算・計画が具体的な活動の指針を与えるものでない場合、現場の担当者が判断に困った時、暗黙の了解事項として活動を起こすという形で、会社の慣性(クセ)が出てくる。この会社のクセは、従来の「結果オーライ型」組織運営から、責任の所在を明確にして予算・計画の作成および実績の検証を行う、「活動検証型」組織運営に脱皮していくことで、意図した方向になおしていくことができる。

全文は→PDFダウンロード(258KB)